【中級編】英会話で使える色々な言い換え表現・同義語

こんにちは。わさおです。

今回は英会話で使える色々な言い換え表現を紹介します。

目次

挨拶

はじめまして・お会いできて嬉しいです

・Nice to meet you:初めて会う人にはmeet。2回目以降に会う人にはseeを使う。

・I’m happy to meet you:お会いできてうれしいです。

・It’s a pleasure to meet you:お目にかかれてうれしいです。

お久しぶりです

・Long time no see:久しぶり。カジュアルな表現。ネイティブはあまり使わない。

・It’s been a long time:ご無沙汰してます。

・It’s been a while:最後に会って以来久しぶりだねの意味。

元気?・調子はどう?

・How are you?:最も一般的な表現。

・How’s it going?:How are youよりも砕けた印象のある表現。

・How are you doing?:よりカジュアルな表現

・How have you been?:一定期間の調子を尋ねる聞き方。

・What’s up?:最もカジュアルな表現。アメリカの若者が使うことが多い。

・What are you up to?:どうしてた?というニュアンス。

・What’s new?:最近何か変わったことがあったかを尋ねるニュアンス。

How are you?の返事

・Good,you?:How are you?にもHow are you doing?にも使える。(時制を統一する必要がない)

・I’m fine.:教科書的で型にはまったイメージ。

・I’m all right.:「まぁまぁいいよ」

・I’m not bad.:「悪くないよ」

・I’m OK:「そこそこいいよ。」

・Couldn’t be better.:「最高だよ」

・Not so good:「良くはない」

・Not feel good:「気分が良くない」

・I’m doing great.:How are you doing?への返し。進行形で返す。

・I’m feeling blue.:「落ち込んでるんだよね。」

・What’s up?:What’s upへの返し。スラング表現。

さようなら

・See you soon:「またね。」

・See you later:「またね。」

・Take care!:「元気でね!」

・Take is easy!:「じゃあね!」

・Bye for now:「ひとまずさようなら。」

・See you again soon,I hope:「またすぐ会えるといいね!」

・Have a nice day:「よい1日を。」

ありがとう

・Thank you very much:「どうもありがとうございます。」

・Thanks a lot.:「どうもありがとう。」

・I appreciate your kindness.:「あなたの親切に感謝します。」

・I am grateful.:「あなたに感謝します。」

・I owe you one.:「恩に着るよ」owe A BでAにBの借りがあるという意味。

・Cheers!:イギリスで使われるカジュアルな表現。

・Thank you as always.「いつもありがとう。」

どういたしまして

・You’re welcome.:「どういたしまして」最もポピュラーな表現

・Sure:「当然だよ」

・Anytime:「いつでもやるよ」

・No problem:「問題ないよ」

・No worries:「心配しないでいいよ」

・Don’t mention it:「お礼はいらないよ」

・My pleasure:「光栄です」

・The pleasure is mine.:「私こそ嬉しいです」

・Thank you too.:「こちらこそありがとうございます。」

よくやった!

・Good job!:goodの前にveryやprettyなどの副詞を付けたりもする。

・Well done!

・Way to go!

がんばって!

・Good luck!:成功を祈ってるよ!

・Hang in there.:今何かを頑張っている人に対して最後までやり遂げてというニュアンスを表す。

・Keep it up!:その調子で頑張って!

・Do your best.:これから試合や試験がある人に対して使う。

・Way to go!:がんばれ!

・You can do it!:あなたなら大丈夫!

・Take it easy!:リラックスしてがんばって!

・I hope you suceed.:成功をお祈りしています。

・I hope things will work out for you.:うまくいくといいですね。

・I hope you will be successul.:相手が成功することを願う言い方。

・I’m hoping for your success.:現在進行形を使うことで強い感情を表せる。

ごめんなさい

・I apologize.:おわび申し上げます。

・I’d like to apologize.:おわびさせてください。

話の切り出し

ちょっと聞いてよ!

・You know what?:あのさ、ちょっと聞いてよ。

・Guess what?:ねぇ、知ってる?

・Listen(to me)!:聞いて!

・I tell you what:ねぇ、聞いて。

・There’s something I want to tell you.:話したいことがあるんだけど。

ちょっと聞きたいんだけど…

・Can I ask you something?:友達とかに軽く聞く時の表現。

・May I ask a question?:質問してもよろしいですか?

・There’s something I’d like to ask you.:間接的で丁寧な表現。

教えてください

・Tell me.:単なる情報を求めるときに使う。

・Let me know.:Tell meと同じニュアンス。

・Teach me:技術や知識などの内容の濃いものを教えてもらうときのニュアンス。

あなたはどうですか

・How about you?

・What about you?

・Yourself?:挨拶の返しによく使われる。

~しませんか?(お誘い)

・Let’s:親しい間柄でよく使われる。

・How about~?:「~についてはどうですか?」というニュアンス。

・Do you want~?:直訳すると「~したい?」だが、そうではなく、実際には提案のニュアンス。

・Would you like~?:カジュアルな表現だが、目上の人にも使えるオールマイティな表現。

・Why don’t you~?:「~しない?」と仲が良い人に使う表現。

・Why don’t we~?:Why don’t youよりも一緒にやろうよという感じが強い。多分同意してくれるだろうというときに使われる表現。

リアクション

なんて言いましたか?

・Pardon?:主にイギリスで使われる。

・I’m sorry?:声のトーンや表情が重要。

・What was that?:ポピュラーな表現。クイックなやり取りに使いやすい。

・Could you say that again?:もう一度言ってもらってもよろしいでしょうか?

・I didn’t catch that.:「聞き取れなかった。」

・I missed that.:「聞き損ねました。」

いいね!

・Nice:「素敵」というニュアンス。

・Good:veryやreallyと一緒に使うことが多い。

・Great:「いいね」というニュアンス。アメリカでよく使われる。

・Cool:Greatとほぼ同じニュアンス。

すごいね!

・awesome:「最高」「すばらしい」というニュアンス。若者が使うカジュアルな表現。

・amazing:Greatよりすごいというニュアンス。

・fabulous:イギリスでよく使われる。女性的なイメージ。

・Incredible:amazingより強いニュアンス。

・Perfect:会話の流れで使われる。

なるほど・理解しました。

・OK:色々な場面に使われる。

・I see:あいづちのようなニュアンス。一般的。

・I get it:「分かります」というニュアンス。カジュアルな表現。

・I got it:「分かりました」というニュアンス。カジュアルな表現。

・I know:分かりますのニュアンス。

・I understand:理解しましたというニュアンス。よりフォーマル。

・That makes sense:つじつまが合ったときに使うフレーズ。

もちろん・いいですよ

・Sure:ネイティブはかなり使う。

・Of course:相手の言っていることは当然であるというニュアンス。

・You bet:「お金を賭けてもいいくらい確実なことだ」というニュアンス

何でもいいよ

・anyghing:「なんでもいいよ」

・whatever:「なんでもいいよ」相手の申し出に対して答える

・All kinds:「どんな種類でも」

・It’s up to you:「あなたに任せます」

・You can decide:「あなたが決めていいよ」

・I don’t mind:「気にしないよ」

その通りですね・同意します

・Right:あなたが正しいというニュアンス。You’re rightやThat’s rightとも。

・Exactly:まさにその通り!というニュアンス。相槌のイメージ。

・Absolutely:100%完全に同意するニュアンス。

・Definitely:ほぼ100%確信していることに対して、確かにその通りというニュアンスで使う。

・Certainly:自分が信じている気持ちを伝えることが出来る。ややフォーマルな表現。

・Indeed:Yesを強調するニュアンス。イギリス英語。

・I think so too:「私もそう思います」のニュアンス。

・I suppose so:自分はそんなに信じてないけど、世間的にはそうだろうというニュアンスが含まれている。

・I agree with you:「私もあなたに同意します」のニュアンス。

・I’m with you 100%:「100%あなたに同意します」のニュアンス。100%は無くてもよい。

気にしないでください

・Never mind.:「全然気にしなくていいよ。」よく使われる。フランクな表現。

・No worries!:「心配する必要ないよ。」友達同士で使われるフランクな表現。

・No problem!:「問題ないよ。」相手から頼まれごとをしたときの返事で使う表現。

・It’s no big deal.:大したことじゃありません。

・Don’t worry about it.:「気にしないでください。」相手が失敗したときに使う表現。

・It wasn’t your fault.:あなたのせいじゃないよ。

かまいません・気にしません。

・It doesn’t matter.:より強調したいときはto meを付ける。

・I don’t care.:かまいません。

・I’m fine with it:with itは省略することが出来る。

仕方がありません

・We have no choice.:手段が他にないことを表す。

・Can’t be helped.:選択の余地はあってもそうするのが無難なときに使う。

・It’s inevitable.:避けられないことを表す。

お気の毒に

・That’s too bad.:それはお気の毒に。

・I’m sorry about that.:お気の毒に。

・You poor thing!:かわいそうに。

・How sad.:同情の気持ちを表す。

・What a pity!:How sadと同じく、同情の気持ちを表す。

・I don’t know what to say.:なんて言ったらいいか…。

知りませんでした

・I didn’t know that.:一般的な表現。

・I have no idea.:あとに節をつなげて内容を示すこともできる。

・I wasn’t aware of that.:信じられないことを聞いたときに発する決まり文句。

忘れていました

・I forgot.:すっかり忘れていたときに使う。

・It slipped my mind.:slippedの前にjustを付けるとただ単に忘れたことを強調できる。

・I didn’t remember it.

まさか!・ありえない!・冗談でしょう?

・Really?:「本当?」と疑っているニュアンス。

・It’s impossible:ありえないというときによく使われる。

・No way:「ありえない」というニュアンス。カジュアル。Noの強調としても使われる。

・Unbelievable!:「信じられない!」

・Incredible!:「信じられない!」

・I can’t believe it!:「信じられない!」

・Are you kidding?:「冗談でしょ?」というニュアンス。

・No kidding?:Are you kiddingとほぼ同じニュアンス。

・Are you joking?:「冗談でしょ?」というニュアンス。

・Are you sure?:「本当ですか?」と相手を疑っているニュアンス。

・Are you serious?:「本気ですか?」というニュアンス。

お好きにどうぞ・勝手にしてください

・suit yourself:「お好きにどうぞ」

・Have it your way!:「勝手にしろ!」

・Do whatever you want.:「あなたがしたいようにしなさい」

・Go your way.:「あなたのやり方でやってください。

いじわる!

・You’re so mean!:仲の良い人に使う。

・You’re so evil!:友達や恋人同士で使う。

・That’so nice of you!:「なんて親切なの!」皮肉で使う。

感情表現

うれしいです・楽しいです

・I did it!:やった!

・I’m so happy[pleased / glad]:本当に嬉しい。

・I couldn’t be happier!:こんなに幸せなことはない!

・This is fun!:面白い!

・I’m having a good time!:本当に楽しい!

・What a laugh!:笑えるね!

・That’s funny.:滑稽さを表すニュアンス。

・It makes me laugh.

・It cracks me up.:意図的に笑わされたニュアンス。

好きです

・I love it.:大好き。

・I’m fond of it.:それが好き。

・I prefer that one to this one.:これよりもあれのほうが好き。

・I’m crazy about it.:それに目がない。

・I came to like it.:それが好きになった。元々好きじゃなかったものが好きになったときに使う。

悲しいです・寂しいです

・I’m so sad.:「とても悲しいです。」

・I’m feeling down.:「落ち込んでいます。」

・I’m in dumps.:「気分が塞ぎます。」

・I’m so sorry.:「本当に悲しく思います。」for~を続けることで何に対して悲しいのかを表せる。

・I was disappointed.:「がっかりしました。」

・I feel depressed.:「気持ちが沈みます。」かなり強い憂鬱を表す表現。

嫌いです

・I don’t like it.:好きじゃない。

・I don’t care for it.:好みじゃない。

・I hate it.:大嫌い。

面倒くさいです

・It’s a pain in the neck.:「それは肩の痛みです」やっかいな存在という意味で使われることも多い。

・It’s troublesome.:「面倒くさい」フォーマルな印象。

・It’s bothersome.:「面倒くさい」フォーマルな印象。

・It’s a hassle!:「面倒くさい」

・It’s annoying!:「それは迷惑をかけている!」

もうどうでもいいんです

・I don’t care anymore.:特に自分自身のことに関わるときに使う。

・It doesn’t matter anymore.:自分や他人が関わるときに使われることが多い。

・Forget it.:相手にその話題に触れてほしくないときに使う。

あなたのせいです

・It’s all your fault.:allを付けることで非難の度合いが強くなる。

・You are responsible.:具体的な内容を示す場合にはforを続ける。

・You are to blame.:「be to 原形動詞」はここでは義務を表す。

動詞

~になる

・become:「~になる」AからBへ違う状態になるニュアンス。

・get + 形容詞:「~になる」becomeに比べて期間が短いものに利用されるイメージ。

・be「~になる」状態のみを表現するときに使う。

・make「~になる」きっとそうなるろうというときに使う。

・turn out「(結果として)~になる」

・come to:「~になる」

・get to:「~になる」

~を言おうとしている

・be getting at:「~を言おうとしている」

・be driving at:「~を言おうとしている」

・be trying to say:「~を言おうとしている」

・want to say:「~を言おうとしている」

・be aiming at:「~を言おうとしている」

考える・思う

・think:「考える、思う」

・suppose:「たぶん~だと思う」

・guess:「推測する」

・imagine:「想像する」

・consider:「熟考する」

~を必要とする

・need

・call for

・require

・demand

獲得する

・get:「手に入れる」

・win:「勝ち取る」

・achieve:「成し遂げる」

・attain:「成し遂げる」

・earn:「稼ぐ」

気づく

・feel:「感じる」

・sense:「感づく」

・notice:「気が付く」

・perceive:「知覚する」

・realize:「悟る」

・become aware of:「気付く」

・become conscious of:「認識する」

集まる

・assemble:「集まる」組織的に集まる意味合いが強い。

・gather:「集まる」偶然ではなく、何らかの目的をもって集まるイメージ。

・get together:「集まる」事前に約束して集まるイメージ。

・meet up:「集まる」何か目的があって集まること。

驚かす

・surprise

・astound

・astonish

・startle

・take by surprise

・come as a surprise to

出発する

・set off

・set out

・depart

・get going

・hit the road

調査する

look into

investigate

examine

probe

(偶然・不意に)起こる

・happen

・occur

・come about

・break out

・take place

・come to pass

~しがちである

・be likely to do:「~しそうである」

・be apt to do:「~しがちである」

・have a tendency to do:「傾向がある」

・tend to do:「~しがちである」

・be inclined to do:「~しがちである」

・be disposed to do:「ややもすれば~する」

・be liable to do:「とかく~しがちだ」

・be prone to do:「~する傾向がある」

減少する

・decrease

・drop

・decline

・fall

・diminish

・be on the decline

・dwindle

拒絶する・却下する

・reject

・turn down

・refuse

・decline

・rebuff

尊敬する

・respect

・look up to

・admire

・think highly of

・esteem

・honor

逃げる

・run away

・run off

・escape

・get away

・take to one’s heels

耐える・我慢する

・endure

・stand

・bear

・put up with

・suffer

・undergo

・tolerate

抗議する

・protest

・demonstrate

・make a protest

・object

・speak out

捨てる・取り除く

・throw away

・throw out

・get rid of

・dispose of

・discard

・remove

・part with

うまく対処する

・cope with

・manage

・deal with

・handle

・tackle

形容詞

非常に大きい・巨大な

・immense:「巨大な」

・huge:「巨大な」

・gigantic:「巨大な」

・monstrous:「恐るべき・巨大な」

・tremendous:「ものすごい」

・enormous:「莫大な」

・vast:「広大な」

壮大な

・magnificent

・splendid

・majestic

・glorious

・marvelous

・superb

・grand

最高の

・supreme

・highest

・ultimate

・paramaount

・optimum

素晴らしい

・very good:「とても良い」オーソドックスな表現。

・wonderful:「素晴らしい」頻繁に使われる。

・excellent:「優秀な」状態が頂点に達しているイメージ。

・great:「すごい」褒め言葉としてよく使われる。

・super:「最高!」仲が良い人同士で使われる。

・perfect:「完璧な」

・terrific:「ものすごい」

・tremendous:「すさまじい」

・amazing:「驚くほどすごい」

・marvelous:「驚くほどすごい」上品な英語表現

・incredible:「信じられない」

・splendid:「立派な」

・fabulous:「信じられないほどすごい」ファッション関係の褒め言葉に使われることが多い。

・brilliant:「輝かしいほど素晴らしい」イギリス英語でよく使われる。

かなり良い・十分に満足できる

・decent

・satisfactory

・respectable

・good enough

・adequate

非凡な・注目に値する

・remarkable

・noticeable

・notable

・noteworthy

・extraordinary

・outstanding

・striking

・conspicuous

魅了する

・fascinaging

・attractive

・charming

・alluring

・picturesque

美人・美しい・可愛い

・beautiful:「美しい」

・pretty:「可愛い」主に女の子に対して使われる。

・gorgeous:「極めて美しい」beautifulやprettyよりも度合いが高い。

・cute:「かわいらしい」年下や赤ちゃんなどに使われる

・attractive:「魅力的」外見に加えて、人柄や性格も含めて魅力的という意味

・lovely:「愛嬌がある」外見に加えて、人柄や性格も含めて愛嬌があるという意味

・charming「魅力的」外見ではなく、内面的に魅力的であるときに使われる

かっこいい

・handsome:「ハンサムな」

・good-looking:「容姿が良い」女性にも使われるが、男性に使われることが多い

優しい・親しみやすい・気さくな

・kind:「親切な」

・warm-hearted:「親切な」

・considerate:「思いやりのある」

・thoughtful:「思慮深い」

・caring:「親身な」

・generaous:「気前が良い」

・friendly:「友好的な」

・down-to-earth:「気取っていない」

・easy-going:「のんきな、気さくな」

・easy to talk to:「話しやすい」

・affectionate:「愛情の深い」

賢い・賢明な

・wise

・sensible

・smart

・prudent

勤勉な・熱心な

・diligent

・hardworking

・studious

・industrious

有名な

・well-known

・noted

・famous

・celebrated

・outstanding

・prominent

・famed

・eminent

・renowned

厳しい・厳格な

・strict

・rigid

・severe

・stern

・tough

・rigorous

洗練された

・refined

・polished

・cultured

・cultivated

普通の

・ordinary

・usual

・normal

・common

・average

現実的な

・practical

・sensible

・realistic

・pragmatic

・down- to-earth

些細な

・trivial

・unimportant

・small

・petty

・trifling

誰もいない・使っていない

・free

・available

・unoccupied

・vacant

忙しい

・busy:「忙しい」もっとも一般的表現

・have a lot on one’s plate:「かなり忙しい」やることが多くパニックな感じ

・be tied up:「手が離せない」

・swamped:「手が離せない」

・slammed:「手が離せない」

・hectic:「仕事などが非常に忙しい」

・insane:「正気とは思えない」

・up to my neck:「いっぱいいっぱい(直訳:私の首まで)」

・occupied:「頭がいっぱい(直訳:占領された)」

・be burnt out:「燃え尽きるくらい忙しい」

用心深い

・cautious

・careful

・watchful

・alert

・vigilant

・wary

・on one’s guard

失礼な

・rude

・impolite

・crude

・coarse

・impudent

・blunt

・ill-mannered

不安な

・uneasy

・worried

・anxious

・ill at ease

曖昧な・ぼやけた

・obscure

・vague

・unclear

・dim

・faint

奇妙な

・odd

・strange

・unusual

・peculiar

・funny

・queer

・weird

・bizarre

狂気の・正気でない

・insane

・mentally ill

・crazy

・mad

・out of one’s mind

・nuts

・lunatic

ひどい・悲惨な

・terrible

・very bad

・awful

・horrible

・dreadful

・appalling

名詞

論文・作文

・thesis:「論文」

・essay:「小論文」

・paper:「作文」

・compositon:「作文」

公務員

・civil servant

・government employee

・public employee

物体・もの

・object

・thing

・item

・stuff

・article

結果

・effect

・outcome

・result

・consequence

紛争・衝突

・conflict

・fight

・strife

・struggle

・battle

・combat

論争

・dispute

・argument

・quarrel

・controversy

副詞

つまり

・so:「だから」

・I mean:「私が意味するところは」ネイティブがよく使う。

・In other words:「言い換えれば」

・In short:「要するに」

・the point is:「要するに」

・In brief:「要するに」

・to be brief:「要するに」

・in a word:「要するに」

・that is to say:「すなわち」

・To sum up,:「まとめると」スピーチなどで使われる。

したがって

・accordingly

・consequently

・therefore

・Hence

・As a result

・In conclusion,:「結論として」

まず第一に

・to begin with

・firstly

・first

・in the first place

・first of all

・for starters

結局・最後には

・at last

・finally

・in the end

・eventually

・at length

・ultimately

・after all

例えば

・for example

・for instance

・like:「~のような」続けて例を挙げるときに使う

・such as:「例えば~」続けて例を挙げるときに使う

・Let’s say:「例えば~だとすると」

とりわけ・何よりもまず

・above all

・among other things

・most of all

・first of all

実際のところ

・as it is

・actually

・in reality

・in fact

今現在・ただ今

・right now

・at this moment

・at this time

・just now

今までのところ

・so far

・until now

・up to now

・to date

・as yet

今にも・いつ起こってもおかしくない

・at any moment

・at any time

・any time now

・any minute now

時々

・sometimes

・from time to time

・at times

・now and then

・occasionally

・on occasion

いつか・そのうち

・sometime

・one day

・some day

・one of these days

・in the future

徐々に

・gradually

・little by little

・slowly

・bit by bit

・by degrees

直ちに・すぐに

・immediately

・at once

・right away

・right off

・promptly

・quickly

・swiftly

急いで

・in haste

・in a hurry

・in a rush

・hurridly

・quickly

副詞(程度・頻度・確信の表現)

全く・すっかり(程度の表現)

・100%

・absolutely

・totally

・thoroughly

・completely

・entirely

・utterly

・wholly

・extremely:「極度に」

かなり(程度の表現)

・very:最も標準的な強調表現。90%くらい。

・too:「~すぎ」

・so:「とても」veryを上回り感情が乗っている表現。

・really:「本当に」

・quite:「かなり」80%くらい。

・pretty:「かなり」くだけた表現。70%くらい。

・fairly:「かなり」程度としては下のほう。50%くらい。

・rather:「かなり」否定的な文脈で使われることが多い。

・a little:「少し」

・a bit:「少し」a littleよりは口語的な表現

ほとんど~ない(程度の表現)

・scarcely:「ほとんど~ない」実質否定語のため、notなどと一緒には使われない。

・hardly:「ほとんど~ない」

・barely:「ほとんど~ない」hardlyよりもない感じが強い。

・amost not:「ほとんど~ない」

いつも(頻度の表現)

・always:「いつも」

・nearly always:「ほとんどいつも」

・usually:「普段」

・often:「しばしば」

・frequently:「頻繁に」

たまに、時々(頻度の表現)

・sometimes

・at times

・once in a while

・now and then

・from time to time

・occasionally

・on occasion

めったに~しない(頻度の表現)

・seldom

・hardly ever

・rarely

・never:「決して~ない」

たぶん(確信の表現)

・100%:100%

・definitely:「絶対」

・certainly:「確かに」

・surely:「きっと」

・in all likelihood:ほぼ間違いなく(90-95%)

・ten to one:十中八九(80-90%)

・probably:ほぼ(75-90%)

・likely:ほぼ(60-80%)

・maybe:たぶん(50%)

・possibly:たぶん(40-50%)

だいたい(確信の表現)

・almost

・more or less

・nearly

・approximately

・roughly

主に・たいてい

・mostly

・mainly

・chiefly

・in the main

・for the most part

・in most cases

前置詞

~のために、~が理由で

・because of~:「~が理由で、~が原因で」話し言葉としてよく使われる。

・due to~:「~が理由で」フォーマルな印象。

・owing to~:「~が理由で」フォーマルな印象で文章によく使われる。

・on account of~:「~のせいで」好ましくないことに対して使われる。

・on the grounds of~:「~が理由で」使われる頻度は低い。

~に関して言うと

・about:「~について」

・regarding:「~に関しては」

・as regards:「~に関しては」

・in regard to:「~に関しては」

・with regard to:「~に関しては」

・with respect to:「~に関しては」

・in term of~:「~に関して」

・concerning:「~について」

・as for~:「~に関してですが」前に一度出た話題を改めて切り出すようなニュアンス

・in reference to:「~に関しては」

・in relation to:「~に関連して」

イディオム

私の考えでは

・in my opinion:「私の考えでは」

・in my view:「私の見解では」

・I think:「~と思う」

・to me:「私にとって」

・as far as I’m concerned:「私の意見としては」

・personally:「個人的には」

・if you ask me:「私の考えを言わせてもらえば」

・for my part:「私としては」

~の代表として

・on behalf of:「~の代表として」

・for

・instead of

・as the representative of

・as the agent of