【全て無料】パワーポイントの代わりに使えるプレゼンテーションソフト5選を紹介します

こんにちは。わさお(@wasataka)です。

パワーポイントを使って資料作成をしなくちゃいけなくなったけど、持っているPCにOfficeのパワーポイントが付属されていない!なんてことありますよね??

そんな方のために無料で使えるプレゼンテーションソフト5選を紹介します!!

全てパワーポイントとの互換性があるため、そのままパワーポイントとして使うことも可能です!

1.Libra Office

まず、最初に紹介するのは、Libre Officeです。

Libre Officeの特徴は、操作性がPowerPointにかなり近いという点です。

メニューの名称やアイコンの形などもPowerPointとほぼ同じのため、違和感なく使えると思います。

また、PowerPointと互換性がある拡張子で保存できますので、そのままPowerPointで再生することが可能です。

Windowsだけでなく、MacやLinuxにインストールすることも可能です。

2.Apache Open Office

2つ目に紹介するのが、Apache Open officeです。

ppt形式で保存できますので、そのままPowerPointで再生することが可能です。

オープンソースのオフィスソフトで、プレゼンテーションソフトだけでなく、WordやExcelと同等のソフトも搭載しています。

ちなみに、日本語版はこちらからダウンロードできます。

3.Googleスライド

3番目に紹介するのが、Googleスライドです。

Googleが提供するプレゼンテーションソフトで、クラウド型であることが特徴です。クラウド型のため、どこにいても作成・編集・共同作業が可能です。

パーソナル(無料版)とビジネス(有料版)がありますが、個人的に使うだけであれば、パーソナルでOKです。ビジネス版は共同作業をする際のセキュリティ機能や管理機能が付与されています。

4.【Macのみ】Keynote

次に紹介するのが、Keynoteです。

Macを使っている人であれば、こちらも候補になります。

もちろん、パワーポイントとの互換性はありますし、iPhoneやiPadで編集することも出来るので、手軽にプレゼンテーションをしたい人におすすめです。

ただし、メニューや操作がシンプルなため、パワーポイントのように細かい作りこみをしたい人にはあまりおすすめはしないです。

5.【おまけ】Power Point Online

最後にPowerPointOnlineを紹介します。

ソフト版と異なり、オンライン上でパワーポイントの作成が可能なサービスです。

マイクロソフトのアカウントを作れば、誰でも無料で使うことが出来ます。

操作性やメニューの豊富さはソフト版のほうが上ですが、手軽に作れるだけで良いという人はPowerPointOnlineを使うことをおすすめします。

以上、パワーポイントの代わりに使えるプレゼンテーションソフト5選を紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

↓↓このブログが少しでもお役に立ったならば、応援クリック頂けると嬉しいです!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitter
SHARE