Microsoft Accessの代わりに無料で使えるデータベースソフトを紹介します

データベースのソフトであるMicrosoftのAccessだが、会社や個人のPCにインストールされていないことが多い。

なぜなら、MicrosoftのOfficeのパッケージの多くにAccessは含まれていないからだ。

もし、自分のOfficeパッケージにAccessが含まれていない場合、単体で購入する必要がある。

しかし、データベースソフトを少しだけ使いたい人に、わざわざ約15,000円払って、Accessを購入することはおすすめしない

そこで、この記事では、そのようなデータベースソフトを少しだけ利用したい人向けに無料で使えるフリーソフトウェアを紹介する。

実際に私も利用しており、問題なく使っているので、是非試して欲しい。

1.Libre Office

まずは、紹介するのはLibre Officeだ。

Libre Officeは、The Document Foundationという非営利組織によって開発・運営されているフリーソフトウェアである。

【参考】The Document Foundationとは
オープンソースソフトウェアの開発を行う団体である。Open Officeコミュニティのメンバーによって、Libre Officeを開発するために2010年に設立された。所在地はドイツ。

データベースソフトだけでなく、ワード、表計算、プレゼンテーションソフトも付いており、Officeで出来ることは一通りできるようになっている。

Accessでおなじみの「テーブル」「クエリ」「フォーム」「レポート」という用語も同じのため、違和感なく使うことができるだろう。

なお、Windows版だけでなく、Mac版やLinux版もある

【公式サイト】Libra Office

Libre Officeのダウンロードページはこちら

2.Apache Open office

次に紹介するのが、Apache Open Officeである。

【参考】Apache Open Officeとは
Libre Officeと同様、OpenOffice.orgプロジェクトの後継の一つ。2014年以降、開発がほぼ行われていないため、Libre Officeに機能面で大きく離されている。

Libre Officeが現在もアップデートがされているのに対し、Apache Open Officeは2014年以降、メジャーアップデートがほとんどされていない状況である。

そのため、基本的にはLibre Officeをおすすめする

こちらもオープンソースのオフィススイートであり、データベースソフトだけでなく、Word、Excel、PowerPointと同等のソフトも搭載している。

【公式サイト】Apache Office

Apache Open Officeのダウンロードページはこちら

【まとめ】Accessが無いときはフリーソフトウェアで代用しよう

いかがだろうか。

今回はMicrosoft Accessの代わりに無料で使えるデータベースソフトウェアを紹介した。

Acccessは高額のため、あまり使わない人であれば今回紹介したフリーソフトウェアで十分利用できる。

もし、それでもMicrosoftのAccessが必要ということであれば、単体で購入することが可能なので、そちらも検討してみて欲しい。

↓↓このブログが少しでもお役に立ったならば、応援クリック頂けると嬉しいです!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ